人気ブログランキング |

PUBLICATION ~world standard wear~

~quilting jacket~

a0141274_12442357.jpg


僕が大好きな60~70年代のアメリカ。

その時代に活躍し、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」

において第28位にも選ばれている伝説のシンガー″ジャニスジョプリン″。


彼女の大好きな曲をこのブログの後半に今日はご紹介したいと思います。










長いお正月休みも終わり今日から仕事って方が多いのではないでしょうか?

連休明けの仕事ってきついでしょうが

やっぱ男は仕事してなんぼ!!


しっかり切り替えて頑張っていきましょー!!

















では本日のファッションはこちら・・・・・




















a0141274_12503272.jpg


『SHADES OF GRAY』 tartan check quilting jacket


ロンドン北東部にあるサフォーク州ラベンハム[LAVENHAM]社が、

馬のためのブランケット用として開発されたキルティング素材。




馬用だけでなくジョッパー用にもという要望から1972年ごろから

それをウエアに転用したのが始まりで、軽量性と保温性の高さから、

値段も手ごろで瞬く間に多くの若者から支持。














a0141274_12543214.jpg


アウトドアを起源とするアイテムだが、シルエットは細身でスーツスタイルをはじめ、

エレガントな着こなしにマッチ。フィールドジャケットと並んでスーツスタイルにも広く浸透。

コーディネートのしやすさから手放せない一品として

海外では多くのファッショニスタに愛されるアイテム。
















a0141274_12551015.jpg
 

こちらはヨーロッパが起源であるキルティングジャケットを

アメリカブランドが作るとこうなるんだぁと思わせてくれた一着。


UKの伝統、キルティングのバックボーンを崩さないように

ヨーロッパが起源のタータンチェック柄を採用したところに

そのこだわりを感じさせ。


同じ馬乗りでもよりアメリカンでフォーキーなテイストに仕上がったアイテム。

キルティングの発祥、バックボーンはアメカジなのか?

とおもわせる程デニムと相性が良さそうなオーラに仕上げた辺りが

さすが″SHADES OF GRAY″。



素晴らしい世界観と服作りに対するRESPECTを感じる一着。

わからない人にはわからないでしょうが、

わかる人にはわかる。

そんなジャケットだと思います!!!



























では着用画像・・・・・

















a0141274_1302180.jpg


近年雑誌やメディアでもトレンドとしてピックアップされるキルティングジャケット、

持ってない方も多いのではないでしょうか?


着らず嫌いは損。

カジュアルにもフォーマルにも行けるその万能さ

薄く、軽く、タイトながら、抜群の保温性、機能性の高さ。

海外で愛される所以をお確かめください!!






























では予告通りジャニス・ジョプリンの数ある名曲から

僕が一番大好きなこちらをセレクト。

古い曲ですが哀愁漂うなかにブルース、ソウルを感じる一曲。

60年代のファッションにも注目です・・・・・






































ジャニス・ジョプリンにキルティングジャケット。

今日は60~70年代繋がり。

いかがだったでしょうか?



古きを知り新しきを知る。

変わらないベース。







パブリケーションのツイッターはこちらから↓

PUBLICATION TWITTER





『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00

通販可能:送料全国一律¥500





by publication | 2013-01-07 13:09 | FASHION | Comments(0)