人気ブログランキング |

PUBLICATION ~world standard wear~

~SKATE STYLEとHATの関係~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓






連日本当に信じられないぐらいの方が

ご来店してくださり

平日もずっと忙しくて

通販でも連日全国から多くの方に

ご注文頂き本当に感激しております!!


ありがとうございます!!

















ボチボチ完売商品も結構出てきました!!

流石に完売したアイテムをこのブログでは

ご紹介出来ないので

なるべく多くのアイテムの説明や裏話をしたい俺としては

ちょっと焦っております笑
















以前とはスタイルを変えて

オンラインストアでは完売した商品をサイト内から

消去しております!!










なので在庫ある商品がすぐに把握出来るので

見やすくなったと思いますので

ぜひチェックしてください!!













日々変動しますが、オンラインストアに掲載されているアイテムは

全て店頭在庫あると言う状態です!!

よろしくお願い致します!!






































さて今日ご紹介するのはHAT。

ILLCOMMONSから初のリリースとなり

多くの方が俺の作るハットが被りたいと

熱望してくれていたHAT!!


























でもそのハット、スケーターファッションと全然関係ないやん

ショーンコモンズ今作りたかったから作ったんやろ

って思っている人、少なくないと思います。























そう言う人達、本当浅はか





完全に知識不足





もっとしっかりファッション学んで下さいな























って事で今日は

スケートスタイルとハットの密な関係について

お話ししたいと思います!!









































a0141274_16382453.jpg
a0141274_16381960.jpg









まぁ革ジャンで散々語ったJAY BOYこと

ジェイアダムスのトレードマークと言えばHAT




































a0141274_16382823.jpg
a0141274_16383682.jpg
a0141274_16383945.jpg
そしてジェイと同じく

Z-BOYSの中心メンバーで

ロックスターのレベルまで成り上がった男”トニーアルバ”の

トレードマークと言えばハット





























a0141274_16384232.jpg

トニーは大人になってもハットを愛用し

今もなお彼のトレードマークと言えばHATと言われるほど



































ハットでスケボー?

スケーターファッションのヘッドギアと言えば

CAPかニット帽でしょうって

日本人なら誰でも思うし

それが普通でしょう。

























でもZ-BOYSがハットを被りスケボーしていたことにより

アメリカではハットもスケートスタイルのマストアイテムと

捕らえられています。































まずよーく考えてみて下さい

スケーターファッション

今では馴染みある言葉ですが






















このスケーターファッションって言葉

Z-BOYSが出て来た70年代にはなかったからね笑

























つーか彼らがスケートという文化を作り

スケーターファッションという文化を作って言ったのだから

そりゃないよね。



























じゃどうやって彼らZ-BOYSがスケーターファッションを

作っていったか




























その答えがまさに今日のキーポイント





























その答えはただ彼らは

着たいものを着て

被りたいものを着て

スケートをしていただけ































スケートがし易いとか

機能性がどうとか


一切そういう事を考えなかったし

自由にスケートを楽しんだ















だからハットを被ってスケボーをしていた














日本人はすぐに機能性がどうとかうるさい












勝手に無い知識と思い込みで

スケーターファッションにハットは無しって思い込んでる




















ちゃんと歴史を見ろ



















そしてもっと自由にファッションを遊べ

























Z-BOYSに憧れ

スケートを始める少年は

今でもアメリカでは絶えず生まれ


















a0141274_16384859.jpg
彼らをマネしてハットでスケボーする子が後を絶えません。


こうやってカッコいいカルチャーが

次の世代に受け継がれ

次の時代に残っていく
















この土台がアメリカは非常にしっかりとしているから












日本は勝てっこ無いんだよ















じゃどうする?





















負けて終わるのか?



















いや学べばいいんだよ




















自分よりカッコいい人



















カッコいい国

















カッコいい文化から学べばいいんだよ




















アメリカではスケーターファッションとハットは密な関係















これが真実



















今までの思い込みを全て捨てて

今日からぜひスケートとハットは

相思相愛と覚えて

そしてスケートファッション×HATのコーデを

楽しんでください!!















学んだ後はすぐに自分のモノにする!!





















これ成長の鉄則!!






















つー事で

俺が今回のコレクションでハットを作った理由

今回のコレクションで絶対ハットをリリースしたかった理由!!

















こういう理由で

















日本人のイメージを変えたくて作った

ハットがこちら・・・・・




































a0141274_16235781.jpg
ハットと言えど何個と種類がある中で

今回僕がベースに選んだのはマウンテンハット。






マウンテンハットとはトップの凸凹が山みたいなので

マウンテンと呼ばれています。


















時代をさかのぼればビビアンウエストウッドが

マウンテンハットを作りファッション業界に衝撃を与えたり






近年ではファレルウィリアムズがHAPPYと言う曲のPVで被り

ハッピーハットと呼ばれる現象が起きたりと








長年に渡ってファッションシーンで愛されてきた

歴史あるハットのシルエット!!

























絶妙な深さと、絶妙なツバの広さ

生地には硬過ぎず、柔らかすぎない

絶妙なラインのフェルト地を選び


リボンには俺得意のレザーで

高級感もプラス!!


























a0141274_16235344.jpg
さらにこの焼印


これ実は俺は一個一個手作業で押しています




焼印押すだけだから簡単でしょ?って思ってる方



素人レベルじゃ全く無理レベルで

クソ難しいから!!









正直職人技









適正温度、プレスの強さなどなど

非常に難しく

これ習得するのに何ヶ月もかかり




連日連夜練習に追われ

心バッキバキにおれるぐらい


押しミスで何個も損害出たし







ぜひ失敗作を店頭に置いているんで

見たい方は言って下さい!!










これガチで最初の方は帽子自体が燃えて

火事なるかと思ったからね












そう言う鍛錬を乗り越え

なんとか皆さんに商品として

お出し出来るレベルまできました!!










新しい事に挑戦することが大好きな俺の

新たなる挑戦の成果も

この帽子から感じとって頂ければ嬉しいです!!











































そんな紆余曲折、そして日本人がイメージする

”思い込み”に対するアンチテーゼが詰まったハット







ILLCOMMONS 念願の初リリースHATです!!







ぜひ今期のILLCOMMONSが魅せる

RADなスケートスタイルにハットの

リアルスケートスタイル!!









ご堪能ください!!


























MBW apparelのページはこちらから・・・・・






ILLCOMMONSページはこちらから・・・・・









ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199







パブリケーションのツイッターはこちらから↓












『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






by publication | 2018-12-12 11:37 | FASHION | Comments(0)