人気ブログランキング |

PUBLICATION ~world standard wear~

~固定概念に囚われない自由な発想を持つ理想の男~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓










a0141274_14525833.jpg

意外にもマークゴンザレスを知らない人も

多少いたので

今日はマークゴンザレスについてより詳しく


そして僕がどんな点で彼に影響を受けたか

どんなところをリスペクトしているか

と言うお話しをしたいと思います。







































a0141274_17392097.jpg
まずマークゴンザレスはスケーター界で別格だと言う事。










世界で最も有名なスケートボーダーと呼ばれており


音楽界で言うとビートルズ、ローリングストーンズ

NBAで言うとマイケルジョーダン

そのレベルの人です。




























何故そこまで有名なのか?

































それは彼がパイオニアだからです。



































まずスケボーの発祥当時

スケボーは板に乗りくるくる回ったりする

言えばフィギュアスケートのような競技でした





































その後ご存知のZ-BOYSの登場により

彼らは板にまたがり飛んだり

様々な技を繰り出す

よりトリック溢れたカッコイイ競技へと

スケートを変えました。
































しかし、そのZ-BOYSのメンバーもバラバラになり

スケート人気に陰りが出た頃




























この男”マークゴンザレス ”がシーンに登場します。






































マークはスケートボードは街中で乗る物だと言わんばかりに

街中のアスファルト、道路や壁、公園の手すりなど

全ての場所で自由に乗ると言う

いわゆる現代まで続くストリートスタイルの街乗りスタイルを確率させて行きます。
































そう、まさに今当たり前に街中で見るスケートライディングを

世に広めたパイオニアこそが”マークゴンザレス”なのです!!











































故にその後誕生した多くのスケーター達は

マークを愛し、多くのスケートキッズ達の

永遠の憧れでありスケート界の象徴と言われているのです。



























ちなみに東京オリンピックで正式種目となる

スケボー には2種類の競技があるのはご存知ですか?
























まず一つは・・・・・


















この”パーク”と呼ばれる競技

Z-BOYSが生み出したドッグプールと呼ばれるランプで

技を競い合う種目





まさにこの競技のパイオニアがZ-BOYS
























もう一つ・・・・・
















街の中を滑るようなコースで技を競う「ストリート」と呼ばれる種目



まさにこのストリートのパイオニアこそがマークゴンザレス。



冷静に凄いですよね?

来年東京で自分がオリンピック種目の産みの親に

マークはなるんですよ!!



ちなみに僕は東京オリンピックで一番楽しみな競技がこのストリート!!

我らがJAPANのエース堀米君


そしてアメリカの圧倒的カリスマでスター”ナイジャヒューストン”

この対決は超楽しみです!!
























































ちょっと話しを戻しましょう!!


















そしてマークがスケート界のトップに君臨するもう一つの理由。

























その理由こそが僕がマークを愛する理由であり

マークに影響を受けた部分であり

尊敬する部分です。






























その理由とは































”固定概念に囚われない自由な発想を持つ男”だと言う事です。










































当時スケート界に当たり前のように思われていた

スケートの概念をマークは打ち壊して行きます!!







































その象徴とも言われている写真がこちら・・・・・



























































a0141274_17394352.jpg

スーツを着てスケボー!!


スケボーはコケるからジーンズやチノパンなどのラフな格好

Z-BOYS時代にはチームのユニフォームを着て大会に出場が

当たり前な固定概念となっていました。








































しかしマークはその固定概念に囚われないスタイルで

自分の着たい物を着て

自分の好きなファッションでスケボーして何が悪い?

と言わんばかりに今までスケート界に蔓延っていた

常識を打ち破って行きます!!







































そのマークのスタンスが僕も大好きで

僕も常にそのスタンスで

常識に囚われず自分で考え

正しい道を、そしてカッコイイ道を

選択して行きたいと思っています!!













































そのマークへのリスペクトは

ILLCOMMONSのRADコレクションでも

形にして表現しています!!




































その映像がこちら・・・・・
























































この映像の最初のマークの登場部分のスタイルを見てください!!

チェックパンツにハットを被って登場しています。





















a0141274_18584926.jpg
a0141274_19015788.jpg
彷彿とさせませんか?



































あのRADコレクションを発表した時

チェックパンツでスケートスタイル?

誰もが驚愕したと思います。































その常識外れの発想を僕よりも先に持っていたのはマークで

その常識外れの発想に導いてくれたのもマークです。









































僕のマークへのリスペクトが伝わりましたか?















































そんな尊敬するレジェンドと

今回PUBLICATIONの10周年で交われた事を

僕は本当に嬉しく

そして誇りに思っています。





































マークの全盛期は90年代

今ではもういい歳です














PUBLICATIONがここからの10年

次に向かう先も

まさにこんな自由な発想を忘れない

若い頃から変わらず子供の気持ちを忘れない

マークのような大人であり

マークのように歳を重ねて行きたいと思っています。









































まさに今まで僕に、そしてPUBLICATIONに、そしてILLCOMMONSに

影響を与えてくれたマーク




そして何より次の10年理想とする歳の重ね方こそマーク







































11年目、PUBLICATIONはより自由な発想で

そこに”カッコイイ”と言う信念を持って

固定概念をブチ破って行く事を

ここに強く宣言します!!













































a0141274_14533246.jpg
このアイテムはただのコラボじゃない

ただのインテリアグッズじゃない








人に対するリスペクト

信念、情熱、パッション

様々な強い思いが生んだ


そしてその想いが詰まりに詰まったアイテムです。




本当に思いの籠もったアイテムには”魂”が宿る
















レジェンドと強いリスペクトが生んだ

歴史的産物














この想いを自分のLIFEに

皆さんが生活する空間に



自分の側にずっと永遠に



忘れないように

置いていて欲しいなぁ
































ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-03 12:29 | FASHION | Comments(0)