人気ブログランキング |

PUBLICATION ~world standard wear~

2013年 09月 16日 ( 1 )

~空白の20分間~

PUBLICATION HOMEPAGE

PUBLICATION ONLINESHOP




ではではアメリカ帰りですので

今日は今回のアメリカで僕の身に起こった奇跡のうちの一つをお話ししたいと思います。










タイトル〝空白の20分間”






僕はとある立体駐車場の5Fに車を止めエレベーターで1Fまで降りようと

ごくごく普通にエレベーターに乗りました。

普通にドアは閉まり少し下ったところで〝ガっシャン”

大きな音と揺れと共にエレベーターが止まりました。



















う~ん、困った・・・・・。

最初は冷静でした。

すぐ動き出すだろう。

























他の階のボタンをPUSHしたり、ドアOPENのボタンをPUSHしたり。

しかし一向にエレベーターは動きません。

























一息深呼吸をしてまた頭の中をクリーンにして

どうするべきか考えました。





























そうだ、緊急用のボタンを押して助けを呼ぼう。

緊急用のボタンを押しました。





一度。

二度。

三度。

四度。。

五度。。。



















しかしまったくこれも反応しません。

壊れている・・・・・。


























ここで悟りました。

やっと気づきました。

ヤバい・・・・・。

































これは出られない。

























何度も叫びました。

助けてください!!

エレベーターが動かない!!助けてください!!































しかし誰も来ません。






























どうしたらいいのか?

助けを呼ぶ電話を掛けたい。

しかしここはアメリカ。

誰に、どこに電話したらいいのかさっぱりわからん。

日本なら知り合いにかけてこの建物の管理人に電話してもらえれば済みそうですが

ここはLA。





































すると遠くから足音が。

おおっこれは人だ!

人がエレベーターの前にいる!!

























僕はこれはチャンスとばかりに叫びました!!

助けてくれ!!
























するとその女性は僕に気づき、何度もボタンを押してくれ、

何度もドアを開けようとしてくれました。




























しかし5分程たったところで

ごめん私も時間がないから他の助けをよんでと言い残し

二つあったエレベーターの僕が乗っていないとなりのエレベーターに乗っていきました。


























終わりました。

僕が日本人だからかい?

本当に急いでいたのかい?


























もう心は折れました。

連日の疲れで疲労はピーク。

暑いLAのエレベーターに一人閉じ込められ、

怒りを通り越し、もう頭は真っ白。




























ただ茫然とその場に座り、どうすることもできないまま

エレベーターの中に座り。

ドラマでも映画でもちゃうぞ!と一人つぶやきながら

ただボーっと座り続けること20分間。
















ガっッチャン!!!





















と言うまた大きな音と共に

何事もなかったかのように動きだしました。




































そう何事もなかったかのように1Fで降りる事ができました。





















ただこの怒りを誰に押し付けたらいいかもわからず・・・。






























エレベーターに怒ってもしゃーないし。。。

































そんな僕の魔の20分間。
































地球の裏側で起こった空白の20分間。








































そのエレベーターがこちら・・・・・・

























a0141274_13452928.jpg



a0141274_13453772.jpg





今日も元気にお待ちしています笑


















パブリケーションのONLINE SHOPはこちら↓

PUBLICATION ONLINESHOP





パブリケーションのツイッターはこちらから↓

PUBLICATION TWITTER





『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00

通販可能





by publication | 2013-09-16 13:51 | 買い付け日記 | Comments(0)