人気ブログランキング |

PUBLICATION ~world standard wear~

カテゴリ:ART( 63 )

~NIRVANA ジャケの赤ん坊は今?~

昨日のYahoo Newsで面白い記事を見つけました。

みなさんこのCDのジャケはご存知ですか?


a0141274_12292243.jpg


ROCKの歴史における最重要アルバム。

カート・コバーン率いるNIRVANAの2ndアルバム”NEVER MIND”

こちらのジャケに写っている赤ん坊。

彼に対する面白い記事があったのでぜひ読んでください。

こちら・・・・・





ニルヴァーナの'91年の歴史的名盤『Nevermind』で、音楽同様、大きな話題を集めたのが、“1ドル札に釣られる赤ん坊”のジャケット。“音楽史上屈指のアルバム・ジャケット”との呼び声も高い、このアート・ワークに登場した裸の赤ちゃんが、現在、バラク・オバマ米大統領のポスターなどを手掛ける有名デザイナー、シェパード・フェアリーの下で働いていることが明らかになった。


a0141274_13131891.jpg



19歳になったスペンサー・エルデン君は、LAにあるフェアリーのデザイン事務所、オベイで働いており、アルバム・ジャケットの制作をはじめ、さまざまなデザイン・プロジェクトに携わっているという。

a0141274_125722.jpg


'08年、米大統領選挙中に、オバマ氏を応援するために“HOPEポスター”を制作し、街中に貼るというキャンペーンで一躍有名になったフェアリー。彼の下で働くことについて、スペンサー君は「僕はずっとアートが大好きだった。父もアーティストだからね。シェパードが上司だなんて、ものすごく光栄だよ。とても刺激的な人だからね」とコメント。

そんな彼が、『Nevermind』のジャケ写に登場したのは、彼の両親が、フォトグラファーのカーク・ウェドルと同じアート・スクールに通う友人同士だったからだそう。「彼(カーク)がうちの父に電話してきて、『初めての大仕事が入ったんだ。水中で赤ん坊を撮ったら、ギャラをくれるって。でも僕には赤ん坊がいない』って言ったんだ。で、僕がちょうど生まれたところだったから、彼らに地元のプールに連れて行かれて、そこに投げ込まれたってわけさ」とスペンサー君。

彼は今でも有名人のようで、「僕のあだ名は“ニルヴァーナ・ベイビー”さ。自分のことを思うと、ちょっと笑えるよ。だって世界中の誰もが、僕のペニスを見たことがあるわけだからね」とコメントしている。







いろいろと物議をかもし出したことでも話題な音楽の歴史の中で

ARTなジャケと言われると誰もが思い浮かべるこのジャケ。

これに写っているこの赤ん坊がいまや

世界トップアーティストシェパード・フェアリーのしたで働くアーティストの卵。


アートな国アメリカならではの事ではないでしょうか?

たぶんこの子はアートと共に生きていく運命なのでしょうね。

シェパードのもとで素晴らしいアーティストとなって

アメリカのART界にMr.Brainwashに続く旋風を巻き起こして欲しいと思います。





『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp
by publication | 2010-05-08 12:59 | ART | Comments(0)

~Love is the Answer~

a0141274_1438503.jpg





昨日はたくさんのお問い合わせありがとうございました!!

ARTに興味を持ってくださる方が増えてきたような気がして

大変うれしく思います!!


今も正直店頭に並べているポスターのあまりのカッコよさにニタニタしてしまいます(笑)

まじでヤバイっす!!カッコよすぎですね!!


今日からG.Wという方も多いのでしょう!!

当店は今美術館状態になっていますので

ぜひ当店のARTを鑑賞しにお気軽にご来店いただきたいと思っています♪♪



では今はARTに見とれて仕方ないので

この気持ちが落ち着いたらまた商品バシバシ紹介していきますので

ぜひアクセスばしばしかましてください!!



LOVE IS THE ANSWER!!



『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp
by publication | 2010-04-29 14:41 | ART | Comments(0)

~Coffee and Cigarettes~

昨日もひいた風邪を治さねばと早めの就寝。

しかしなかなか布団の中で寝れずに諦めTVをつけると

こちらの映画が・・・・・




a0141274_1418723.jpg


『Coffee and Cigarettes 』

2003年にアメリカで公開されたコーヒー&シガレッツ。監督はあのジョニー・デップ主演の

『DEADMAN』など数々の名作を世に送りだした”ジム・ジョームッシュ”

普通の映画とはちょっと違い11の短編集を集めて一つの作品として仕上げた少々変わった映画。

ストーリーは登場人物がコーヒー(紅茶)を飲み煙草を吸いながら、

とりとめもない会話をしている様子をみるだけなのだが、俳優達の台詞や表情で

会話している人間の関係や作中に込められたユーモアを垣間見ることができるという

いたってシンプルなもの。



ただ出てくるメンツは豪華!!

短編集の中でも僕的にはやはり

第三編の『カリフォルニアのどこかで』のこの2ショット・・・・・




a0141274_14302948.jpg


なんとイギーポップ&トムウェイツ。渋い・・・・・。


ほかにもケイト・ブランシェットやジャックホワイトなど素晴らしいキャストとなってます。







ただこの映画僕自身見るのは2回目だったんですが、正直面白くはありません。

さぁ、映画見るぞ!!って気持ちでレンタルすると・・・・。と言った感じです。

ただ何も考えずボーっとみるそんな映画。

おかげで昨夜は良く眠れました。

ただモノクロ映像の中に映る狭い空間ですがなぜかカッコいい背景、チェック柄のテーブル、

タバコの吸い方からコーヒーの飲み方など俳優の仕草。

淡々と過ぎていく時間に何かこっちまでゆったりとした時間の経過を感じてしまう、

これがジム・ジョームッシュの世界観なのでしょうか?

ただ無心で見ていた僕はジムの”ワールド”に引き込まれた気がします。

ただ無性にコーヒーとタバコが欲しくなりますが・・・・。










a0141274_1442338.jpg


今日もどこかで時間を無駄使いしている人がいればぜひお気軽にご来店お待ちしています♪

一緒にタバコとコーヒーなんていかがでしょうか?






『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp
by publication | 2010-04-03 14:49 | ART | Comments(0)

~今日は語ります~




いきなりですが皆さんこの人はご存知ですか?




a0141274_14321679.jpg





この絵はご存知ですか?




a0141274_1441779.jpg




アンディー・ウォーホールがART界のカリスマとして君臨した70年代のN.Y。

そこにはもう一人の天才画家が存在しました。

それが上の写真の『ジャン・ミッシェル・バスキア』です。

作品を見てもわかる通りアンディーがポップアートの天才なら

バスキアは落書きアートの天才。

同じ時代を生きた天才二人。

しかしここまでも違う作風に二人のバックボーンや育って来た環境

など多くの違いが反映されていると僕は感じました。







この世が生んだ”天才”バスキア。彼の事をもっと知って頂きたく

今日は彼の伝記映画を御紹介したいと思います。






こちら・・・・・







a0141274_14111636.jpg


映画『バスキア』

多くの人に愛されながら、27歳の若さで他界した天才画家ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を、

彼が駆け抜けた80年代のホットなNYアートシーンを背景に描いた伝記映画です。

ストリート・アーティストとして貧しいながらも自由に生きていくバスキア。

彼の前に、ひとりの男が現れ、才能があるといわれ、売りこんでやるとも言われた。

そして、一気に人気画家の一人になる。しかし、だんだんと友人との中に亀裂が入っていくのだった。

才能を認められて有名になっていく人を描いた映画の基本的ストーリー展開となっている。


しかし、この映画はラストの一気の展開に壮大な思想を感じさせてくれる。

音楽、絵画と、目と耳を心地よく刺激してくれる映画でもあります。





さらにこの映画の一番スゴイところは、キャストの素晴らしさ!!

名脇役と呼べるほどの人が多数出演しています。

彼の友人である超人気作家アンディにはなんとあのデヴィッド・ボウイ!!

さらにアンディの傍にいるブルーノ役はデニス・ホッパー。

バスキアの恋人役クレア・フォーラニの可愛さも要チェック。

その恋人がいながら浮気してしまう相手はコートニー・ラブ。そうです!!カート・コバーンの奥さんです。

他にも豪華キャストなんですが、実は映画をよく見ているとちょっとだけ

あのヴィンセント・ギャロが出てきます!!これも見逃せません。









この映画を見て僕が感じたことは”天才”と呼ばれるアーティストの作品には

そのアーティストの人生そのものが描かれている、にじみ出ているという事。

だからこそ多くの人に愛されるのでしょうね。

”アンディーとバスキア”同じ時を生きた二人の天才。これもまさに昨日に続いて”名コンビ”




となると・・・・





現代アートの名コンビは”バンクシーとMr.Brainwash”と言ったとこでしょうか?

なんか噂によると映画監督だったMr.Brainwashがアーティストになったきっかけは

バンクシーの一言だったらしいですよ・・・・・。





アンディーとバスキアと言う二人の天才と同じ時代を生きることはできませんでしたが

バンクシーとMr.Brainwashという二人の天才と同じ時代を生きていると言うことを

大変嬉しく思います。





長くなりました。今日はこの辺で。


ART IS BEAUTIFUL!!!!!!!!!!!!!!





『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp
by publication | 2010-03-30 14:33 | ART | Comments(2)

~GIVE LOVE~

久々にMr.Brainwashからメールが来ました!!



そこにはこんな動画が・・・・・



1.jpg2.jpg3.jpg


届いた動画は今Mr.BrainwashがN.Yで開催しているアートショーの模様でした!!

この動画を見てもわかる通りアートの本場N.Yでも彼の人気は半端ないみたいですね!!

今回で2回目となるMr.Brainwashの展示会のテーマは「ICON」。

ミュージシャン、俳優、スーパーモデルからアーティスト、映画監督、政治家、IT系の人たちなど、

様々なフィールドで活躍する著名人たち、つまり時代を象徴する人物をシンボルとして表現した作品展。

「人は誰でも“何か”を持って生まれてきて、ここにいる著名人たちはその何かに気づいて

パッションを貫いてきた人たち。でも本当は彼らもみんなと同じ人間なんだ。

パッションと才能の差で彼らは優れているけれど、僕はみんなにもそういうものはあると信じている。

そんなポジティブな部分を表現したかった。LOVEを与えたかったんだ!」

と今回も彼の世界観を120%表現できるLOVEなアートショーになったみたいです!!

僕も正直行きたかった・・・・・。








彼のアートには描く”モノ”や”ヒト”に対する愛がたくさん詰まっているんです。

それをふまえた上で当店のアートを見つめてみてください。

彼の”GIVE LOVE"と言うスウィートなメッセージが皆様に届きますように・・・・☆








『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp
by publication | 2010-03-27 15:20 | ART | Comments(0)

~Mr.Brainwashの謎 後編~

本日はMr.Brainwashの謎と題してお送りしています。

前編、後編の2本立て企画。

今回はその後編。

行きます・・・・






昨日ご紹介したこちらの映画・・・・・

Trailer


『Exit Through The Gift Shop』

昨日ご紹介した覆面アーティスト”バンクシー”は初監督作品を勤めた映画。

先月21日から31日までアメリカ・ユタ州のパークシティで開催されたインディペンデント映画の祭典

「サンダンス映画祭2010」。今年はスパイク・ジョーンズの最新短編作品や、

ダコタ・ファニングとクリステン・スチュワートが共演した7

0'sロックバンドの伝記映画「ランナウェイズ」などのプレミア上映が話題となったが、

実はそれらを上回るほどメディアに騒がれた作品がある。

それが、世界中に熱狂的なファンを持つ正体不明のストリートアーティスト、

バンクシー(Banksy)による初監督の長編ドキュメンタリー「Exit Through the Gift Shop」だ。



この作品のワールドプレミアとなった1月24日、会場のライブラリー・センター・シアターでは、

446席分のチケットを求めて開演の数時間前から長蛇の列ができた。

俳優でミュージシャンのジャレッド・レトや、米人気ドラマ「アントラージュ」の主役を演じる

エイドリアン・グレニアーも姿を現した場内は、「映画祭というよりも、まるで流行りのクラブのようだった」と

メディアに報じられるほど熱気に包まれていたという。




通常、監督本人が壇上に立ち、観客に挨拶をするワールドプレミア。

当然のごとくバンクシーは会場に現れることはなかったが(観客のふりをして見ているのでは?

という憶測も飛んだそう)、その代わりとしてメッセージで欠席を謝罪しながらも、

「くれぐれもストーリーの結末をTwitterでつぶやかないように…」と観客に注意を促した。



「ノッティングヒルの恋人」でヒュー・グラントの同居人役を演じていたウェールズ出身の俳優、

リス・エヴァンスがナレーションを担当する1時間29分の長編作品は、ティエリー・ゲッタ(テリー)

というフランス人がどのようにしてストリートアートに取り憑かれていったかという話から始まった。


《STORY》

ー1999年、LAで古着屋を経営していたテリーは、旅先のフランスで

自分の従兄弟がストリート・アーティストの「スペース・インベーダー」だと知る。

元々、常にビデオカメラを手にしていた彼は、それをきっかけに従兄弟の作品を撮り始め

LAに戻ってからも「Obey Giant」で知られるシェパード・フェアリーをはじめ、

様々なストリートアーティスト達と交流を持ち、撮影を続ける。

普段は警戒心の強い彼らもテリーはストリートアートのドキュメンタリーを制作中だと思い込み、

その存在を受け入れる。しかし、そんな運の良いテリーでも唯一カメラに収めることの出来ない人物がいた。

それが正体不明の「バンクシー」だ。ところが、あることをきっかけに

バンクシーと接点を持つことが出来たテリーは、バンクシーに完成した映像を見せるはめに…。



バンクシーの姿をどうにかして撮影しようと奮闘するフランス人の姿を描いたこの作品には、

ストリートアートに興味がある人であればすぐに分かる人物が次々と登場する。

そして、実は主人公のテリーも自らストリートアーティストとして活動し、

バンクシー以来の大物と称されているMr. Brainwash(MBW)だ。







そう!!なんと主人公はMr.Brainwash!!

僕も見てはいないのでなんとも言えませんが

この映画の最後にはアート界最大のミステリーと呼ばれる謎が解けるのでは?

BANKSY,Mr.Brainwash,terry彼等は果たして同一人物なのか・・・・?

この謎を解くにはこの映画を見るしかないのですが、日本での公開はまだ決まっていません。





この謎を解くべくアメリカでもしDVDが発売されれば即入手してきます。

でも正直DVDの発売を待っていられない。

真実が知りたい。

僕はMr.Brainwashに『Are you Banksy?』と聞くべきなのでしょうか?

それはやはりタブーなのでしょうか?


日本中の皆さんぜひこの質問にアドバイス、ご要望などお願いします。

アドレスはこちら↓

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

ただ僕は真実が知りたい。それだけです。ご意見お待ちしています。











『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp
by publication | 2010-03-07 15:49 | ART | Comments(4)

~Mr.Brainwashの謎 前編~

先日Mr.Brainwashから一通のメールが届きました。

そこにはある映画の動画が・・・・。


今回は”Mr.Brainwashの謎”と題しました

前編、後編の2本立てでお送りいたします。






まずその前編として

こちらの方をご紹介・・・・・・


a0141274_16135066.jpg


『BANKSY』

バンクシー(banksy、生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。

グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。

Banksy本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。

2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、

しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。







1.jpg2.jpg3.jpg


日本のワイドショーや恐怖体験アンビリーバボーなどでも沢山取り上げられているので

ご存知の方も多いと思いますが、謎の覆面アーティスト”バンクシー”。

まさに彼こそ現代のPOPARTをブームに伸し上げた張本人!!








彼とMr.Brainwashの関係とは・・・・・

覆面アーティスト”バンクシー”の正体は実はMr.Brainwashではないかと

言われていること。アート界のミステリーと言われる都市伝説の一つ。






そんな憶測がひしめく中Mr.Brainwashから送られて来た

動画がこちら・・・・・




Trailer



そこには "Exit Through The Gift Shop"と題された動画と

『バンクシーが映画を製作し発表したからチェックしてくれ!』というメッセージ・・・。



その映画のダイジェスト版的動画にはMr.Brainwashの姿も・・・・。

??????

謎は深まるばかり・・・・・・。




後半へ続く。。。。。







『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp
by publication | 2010-03-07 13:10 | ART | Comments(0)

~Mr.Brainwash Appearance~

皆様お待たせしました!!

本日ついに今回のARTポスター入荷です!!

衝撃の作品達をとくとご覧あれ。

まずは・・・・・


a0141274_15265338.jpg


『TOO Louis』 art by Mr.Brainwash

Limited Edition:150

SIZE:58X77cm

アフリカ系アメリカ人で20世紀を代表するジャズミュージシャン「ルイ・アームストロング」と

誰もがご存知「ルイ・ヴィトン」をMr.Brainwash流のPOPARTと言う枠の中で

見事に融合させた「TOO Louis」。

二つの”ルイ”が重なりあった時それは世界最高峰のARTへと変わる。








続いて・・・・・



a0141274_153632.jpg


『A Good Days Flight』 art by Mr.Brainwash

Limited Edition:100

SIZE:78X57cm

コレは説明不要ビートルズ!!しかしこの絵にも遊び心が隠されています・・・。

この飛行機の操縦室にいるのはあの映画「スターウォーズ」のハン・ソロことハリソン・フォードと

チューバッカ。まさかビートルズは宇宙人!?と思わせるメッセージ性こもった作品。

Mr.Brainwashの発想が世界的ミュージシャンと映画をARTの世界へ誘う最高の作品。







まだまだ行きます・・・・・



a0141274_1655119.jpg


『Surreal』 art by Mr.Brainwash

Limited Edition:100

SIZE:57X78cm

あのピカソらと同時期に活躍した、スペイン人の天才画家「サルバドール・ダリ」。

そんな彼の肩に乗るのは皆様ご存知のN.Y POP ART界の巨匠「アンディー・ウォーホール」の

名作「キャンベルスープ」ならぬ、キャンベルスプレー。

この世界最高峰のARTと世界最高峰のARTが共存した時

人類はとてつもない作品に出会う。







ラストは・・・・・


a0141274_16184375.jpg


『Obama VS McCain』 art by Mr.Brainwash

Limited Edition:300

SIZE:64X90cm

そうあの有名な大統領選挙。オバマとマケイン上院議員の対決を

こうまで映画のポスターかのように、格闘技の広告ポスターかのように

描きあげる発想は超クレイジー。

Mr.Brainwashの大統領選挙に対するリスペクト?皮肉?

意味深なメッセージを感じるARTな作品はシルクスクリーンの上に

ラストは手作業でスプレーペイントを施した力作。




本日紹介したART、ぜひ店頭で生で見て下さい。より臨場感とメッセージを感じとって

いただけると思います。また、Mr,Braiwashの作品以外も店頭に並んでいます!!

これが今世界最高峰のART!!ぜひ目に焼き付けてください!!

お問い合わせ等お気軽にどうぞ♪



最後に・・・・・

a0141274_16274432.jpg



*当店の作品はすべてMr.Brainwashのサイン&手形付きの大変貴重なものです。







『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

TEL:092-791-9199

e-mail address: r2ca-uarr-9e4a@ric.hi-ho.ne.jp
by publication | 2010-02-02 16:32 | ART | Comments(4)

~THIS IS ENGLAND~

クリスマスも終わり今年も残すところあと少し

publicationもしっかりとラストスパートかけて行きますので

お気軽にご来店してください♪♪


では本日は先日見ると宣言していた

こちらの映画をご紹介・・・・・



a0141274_12394539.jpg


『THIS IS ENGLAND』

サッチャー元首相、チャールズ皇太子&ダイアナ夫妻、南米フォークランド諸島の戦場と死体の山、

炭坑ストライキ……。タイトルバックにニュースフィルムの断片が流れ、

映画の時代背景が簡潔に示される。舞台は1983年のイングランド北部。

主人公はショーンという12歳の少年。

思春期を迎えたばかりの少年が、大人の世界に足を踏み入れ、

自分の生きるべき道を求めてもがき苦しむ姿をパンク、スカ、レゲエなど

多くの名曲をBGMに送る青春映画。





Bensherman,Fredperry,Dr.martinなど多くのイギリスファッションや

イギリスカルチャーが登場する前半は本当にCOOLとしか言いようがない

程の完成度が高いファッション・カルチャー映画!!




しかし後半は一変してイギリスの社会問題、人種差別にズバッとメスをいれる

社会映画!!



その2次元が混ざりあい、一つのイギリス映画として

個人的にはかなり完成度が高く、何か多くのことを

感じ取ることができた映画でした。

ぜひ見てみる価値はあると思います!!









では本日のPublication styleはもちろん・・・・・・




a0141274_13125036.jpg


BenshermanのシャツにFredperryのニットベスト、アウターにスウィングトップを

合わせた直球”THIS IS ENGLAND STYLE"

たぶん映画を見ればこのファッションをしたくなる意味がわかります・・・・。








もちろん今日も商品入荷しています!!


本日はもちろん・・・・・





a0141274_1315761.jpg


さぁイギリスとイングランドの違い、イギリスと言う国が抱える問題

を感じることができたならあなたもよりこのブランドを着ることに楽しみを

感じると思います。

僕はイギリスという国は存在するのか?とさえ思いました。

”あるようで無い”そんな気がします。





THIS IS ENGLAND 深い!!









Louie Louie (This is england soundtrack)




『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

092-791-9199
by publication | 2009-12-26 13:35 | ART | Comments(4)

~THIS IS ・・・・・~

昨日は友人の結婚式に2次会からですが出席させて頂きました。

とても幸せそうな新郎新婦に癒され、とても素晴らしい会でした。

洋一郎、幸希ちゃん結婚おめでとう!!

いつまでもお幸せにね~☆




それにしても地元人を含めた男性人のハッスルっぷり。

自分も久々の酒の席だったので

だいぶはっちゃげちゃいーの、酒に酔いーの。

もちろん今日は寝不足ですが、いや~楽しかった!!

また誰か結婚してください(笑)






こんな日はずっと気になっていたこんな映画でも見て

ゆっくり寝ようかと思っております。

こちら・・・・・






a0141274_171126.jpg


『THIS IS ENGLAND』

最近DVDレンタルがスタートしたみたいです!!すごく楽しみ!!

逆に眠気が覚める様な内容を期待・・・・。







本日もご来店頂いた方々、誠にありがとうございました!!

明日も元気にお待ちしていますので、

お気軽にご来店ください♪





a0141274_1825757.jpg


~Today's Publication "american vintage" style~




『PUBLICATION』

福岡市中央区大名1丁目10-33 東峰マンション大名204

092-791-9199
by publication | 2009-12-20 19:41 | ART | Comments(2)