人気ブログランキング |

PUBLICATION ~world standard wear~

タグ:マークゴンザレス MARK GONZALES ( 3 ) タグの人気記事

~試行錯誤の日々~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓










連日10周年お祝いムードで

楽しい日々を過ごさせて頂いているPUBLICATIONです!!







マットも皆さん喜んでくれて

楽しんでくれて本当にやってよかったなぁと

連日喜びに浸らせて頂いております!!





























a0141274_17031797.jpg
事務所兼倉庫の入り口には

とりあえず今オレンジをチョイスしました!!


また気分でちょこちょこ変えて行くのが楽しみ♪


































だいぶ事務所兼倉庫の搬入片付けも終わって来て

整って来ましたが色々とやることあって

毎日店と事務所の往復を何度も何度もしている状態です笑


























事務所では今来たるコモンズの新作発表に向けて

全アイテムの検品作業






さらにはスタイルサンプルの確認、順番決めなど

ラックに新作全種類並べて

色々と試行錯誤しているところです!!













見せ方や伝え方など

どうすれば皆さんにより理解を深め

DOPEなところまでお伝え出来るか

全力で考えながら完璧な形を

毎回模索しながら

妥協なくやっているので

まだまだ時間もかかりますが


約1年かけてやって来た

制作ですので

最後の最後まで一切妥協することなく

やりたいです!!






























さらにスタジオでの物撮りも始まり

いよいよ僕がもっとも情熱を注ぐ

ILLCOMMONSのコレクションが

大詰めに入って来たなぁを毎分ごとに感じてます笑


本当に大忙しです!!
































皆さんからのまだ!?早よ出せと言った

プレッシャーと

楽しみにしてくれている期待を


背中でビシビシと感じながら

今全力で取り組んでいるので

もう少々お待ち頂ければと思います!!




































てことで予約入っている時間は店に戻って

空いたら事務所で作業してと

往復しまくっていると言う状態なのです笑


























実はまだ2アイテム最後の最後まで

仕上げのデザインを迷ったものがあって

それが到着遅れていて

全種類揃っておりません!!

























数日以内には届くと思うので

楽しみです!!

































まぁまだまだやることが沢山あるので

こっからさらにギア上げて

フルパワー全開で

皆さんに僕の脳みその中にある

世界観を完璧にお伝え出来るよう

最高の状態を作り上げたいと思います!!



















































度々事務所にいる時間が増えておりますが

全然遠慮なく店頭に遊びに来てくださいね!!













今日も元気にお待ちしてます!!





























ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-10 13:22 | FASHION | Comments(0)

~GONZ GOES TO NYC~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓








倉庫へ搬入する量がえげつなくて

結局なかなか終わらず今日の朝まで

搬入することに・・・。











しかも今が在庫状態ピークって時期でもあるので

尚更ハードで・・・・・。













流石に二日間ほぼ寝らずで動くハメになり

だいぶヘロヘロ状態笑
















ただPUBLICATIONの店頭はOPEN当時を思い出すぐらい

さらにスッキリしたんで

ぜひ楽しみにご来店してください!!



























































ちなみに今夜は久々に下関に上陸です!!

久々の数時間の休日

束の間の数時間の息抜き

楽しんできたいと思います!!

























下関の皆さん、BACKYARD CREWの皆さんお手柔らかに!!





















バイブス持って乗り込みますけん!!

































































ではでは連日店頭で泣く子も黙る勢いで

大暴れしているMARK GONZALES × PUBLICATION コラボマット!!












連日皆さん自宅に配置した写真とか送ってくれて

本当に本当に嬉しい限りです!!


















そう言う写メめっちゃ喜ぶんで

どんどん送ってください笑




































































a0141274_14015421.jpg

そんなマークゴンザレスと言えば

やっぱりVISION















まさにマークとVISIONは

80年〜90年代のスケートシーンを語る上で

欠かせないゴールデンコンビ!!














































は?VISIONとマーク?

って思った方は

まだまだ PUBLICATIONでの勉強量が足りないですねー。


と言うか吸収力が弱いですねー!!










































僕は去年のILLCOMMONSのRADコレクションで

きっちりとその80年代スケートシーンのREALを

表現してますよ・・・・・





















































ね?サンプリングって形で皆さんの視覚にメッセージを

送り込んでいたでしょう?


再度このブログを読んで勉強しておいてください!!

























僕のカルチャーPUSHは今に始まったことではなく

PUBLICATIONの10年の歴史の至るところで


カッコイイカルチャーを皆さんに伝え続けてるんですよー!!




























































そんなGONZがVISIONとコンビを組んで

NYCにて撮影したビデオをUPしときます!!







僕が高校生の頃履いていたVISIONのスニーカーを履いて

スケボーしているマーク見てテンション上がったビデオです!!








全身VISIONのウェア、そして腰にはタオルを垂らしながら

89年のNYをライディングするマークゴンザレス!!












俺のいろんな”カッコいい”が詰まった映像です!!






























では今日もカッコつけて行こう!!


























ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-07 14:21 | FASHION | Comments(0)

~固定概念に囚われない自由な発想を持つ理想の男~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓










a0141274_14525833.jpg

意外にもマークゴンザレスを知らない人も

多少いたので

今日はマークゴンザレスについてより詳しく


そして僕がどんな点で彼に影響を受けたか

どんなところをリスペクトしているか

と言うお話しをしたいと思います。







































a0141274_17392097.jpg
まずマークゴンザレスはスケーター界で別格だと言う事。










世界で最も有名なスケートボーダーと呼ばれており


音楽界で言うとビートルズ、ローリングストーンズ

NBAで言うとマイケルジョーダン

そのレベルの人です。




























何故そこまで有名なのか?

































それは彼がパイオニアだからです。



































まずスケボーの発祥当時

スケボーは板に乗りくるくる回ったりする

言えばフィギュアスケートのような競技でした





































その後ご存知のZ-BOYSの登場により

彼らは板にまたがり飛んだり

様々な技を繰り出す

よりトリック溢れたカッコイイ競技へと

スケートを変えました。
































しかし、そのZ-BOYSのメンバーもバラバラになり

スケート人気に陰りが出た頃




























この男”マークゴンザレス ”がシーンに登場します。






































マークはスケートボードは街中で乗る物だと言わんばかりに

街中のアスファルト、道路や壁、公園の手すりなど

全ての場所で自由に乗ると言う

いわゆる現代まで続くストリートスタイルの街乗りスタイルを確率させて行きます。
































そう、まさに今当たり前に街中で見るスケートライディングを

世に広めたパイオニアこそが”マークゴンザレス”なのです!!











































故にその後誕生した多くのスケーター達は

マークを愛し、多くのスケートキッズ達の

永遠の憧れでありスケート界の象徴と言われているのです。



























ちなみに東京オリンピックで正式種目となる

スケボー には2種類の競技があるのはご存知ですか?
























まず一つは・・・・・


















この”パーク”と呼ばれる競技

Z-BOYSが生み出したドッグプールと呼ばれるランプで

技を競い合う種目





まさにこの競技のパイオニアがZ-BOYS
























もう一つ・・・・・
















街の中を滑るようなコースで技を競う「ストリート」と呼ばれる種目



まさにこのストリートのパイオニアこそがマークゴンザレス。



冷静に凄いですよね?

来年東京で自分がオリンピック種目の産みの親に

マークはなるんですよ!!



ちなみに僕は東京オリンピックで一番楽しみな競技がこのストリート!!

我らがJAPANのエース堀米君


そしてアメリカの圧倒的カリスマでスター”ナイジャヒューストン”

この対決は超楽しみです!!
























































ちょっと話しを戻しましょう!!


















そしてマークがスケート界のトップに君臨するもう一つの理由。

























その理由こそが僕がマークを愛する理由であり

マークに影響を受けた部分であり

尊敬する部分です。






























その理由とは































”固定概念に囚われない自由な発想を持つ男”だと言う事です。










































当時スケート界に当たり前のように思われていた

スケートの概念をマークは打ち壊して行きます!!







































その象徴とも言われている写真がこちら・・・・・



























































a0141274_17394352.jpg

スーツを着てスケボー!!


スケボーはコケるからジーンズやチノパンなどのラフな格好

Z-BOYS時代にはチームのユニフォームを着て大会に出場が

当たり前な固定概念となっていました。








































しかしマークはその固定概念に囚われないスタイルで

自分の着たい物を着て

自分の好きなファッションでスケボーして何が悪い?

と言わんばかりに今までスケート界に蔓延っていた

常識を打ち破って行きます!!







































そのマークのスタンスが僕も大好きで

僕も常にそのスタンスで

常識に囚われず自分で考え

正しい道を、そしてカッコイイ道を

選択して行きたいと思っています!!













































そのマークへのリスペクトは

ILLCOMMONSのRADコレクションでも

形にして表現しています!!




































その映像がこちら・・・・・
























































この映像の最初のマークの登場部分のスタイルを見てください!!

チェックパンツにハットを被って登場しています。





















a0141274_18584926.jpg
a0141274_19015788.jpg
彷彿とさせませんか?



































あのRADコレクションを発表した時

チェックパンツでスケートスタイル?

誰もが驚愕したと思います。































その常識外れの発想を僕よりも先に持っていたのはマークで

その常識外れの発想に導いてくれたのもマークです。









































僕のマークへのリスペクトが伝わりましたか?















































そんな尊敬するレジェンドと

今回PUBLICATIONの10周年で交われた事を

僕は本当に嬉しく

そして誇りに思っています。





































マークの全盛期は90年代

今ではもういい歳です














PUBLICATIONがここからの10年

次に向かう先も

まさにこんな自由な発想を忘れない

若い頃から変わらず子供の気持ちを忘れない

マークのような大人であり

マークのように歳を重ねて行きたいと思っています。









































まさに今まで僕に、そしてPUBLICATIONに、そしてILLCOMMONSに

影響を与えてくれたマーク




そして何より次の10年理想とする歳の重ね方こそマーク







































11年目、PUBLICATIONはより自由な発想で

そこに”カッコイイ”と言う信念を持って

固定概念をブチ破って行く事を

ここに強く宣言します!!













































a0141274_14533246.jpg
このアイテムはただのコラボじゃない

ただのインテリアグッズじゃない








人に対するリスペクト

信念、情熱、パッション

様々な強い思いが生んだ


そしてその想いが詰まりに詰まったアイテムです。




本当に思いの籠もったアイテムには”魂”が宿る
















レジェンドと強いリスペクトが生んだ

歴史的産物














この想いを自分のLIFEに

皆さんが生活する空間に



自分の側にずっと永遠に



忘れないように

置いていて欲しいなぁ
































ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-03 12:29 | FASHION | Comments(0)