人気ブログランキング |

PUBLICATION ~world standard wear~

タグ:PUBLICATION 福岡 大名 パブリケーション ( 912 ) タグの人気記事

~INFO ~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






先日50枚限定で復刻したPUBLICATIONステッカー

凄い反響でブログアップ後、2時間で完売致しました!


沢山のお問い合わせを現時点でも頂いておりますが

申し訳ございませんが再販の予定はありません!


また皆さんが喜んでくださるアイテムリリースして

行きますので楽しみにしていて下さい!!









突然ですが明日11月18日(月)より21日(木)まで

店休日とさせて頂きます!!








ちょっと長めの店休日でご迷惑をお掛けしますが

どうかご理解よろしくお願い致します。







もう皆さんわかってらっしゃいますよね?











はい、アレが大詰めです。











ヤバイです。











とだけ言っておきます・・・。


































ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-17 17:58 | PUBLICATION について | Comments(0)

~10周年記念第2弾!! 7年振りにアレが復活~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓










まだまだ10周年ムードが消えないPUBLICATION

連日マークゴンザレス狩りありがとうございます笑



















そんなムードの中、10周年記念で

もう1発仕込んでいたアイテムが

先ほど到着致しました!!




























こちらです・・・・・







































a0141274_14281186.jpg


PUBLICATIONステッカーが7年振りに復活です!!


7年前、あっという間に無くなり

もはやプレミア化しているんじゃないかと思われる伝説のステッカー笑







まぁー、この7年間の間にPUBLICATIONに通い始めてくれた方も多く

何百回もう出さないですか?作らないんですか?って

聞かれたことやら笑















皆さんの強いリクエストにお応えして

長い年月を超え復活です!!

















ちなみにレア度を下げたくないので

今回は限定50枚!!





お一人様1枚までの購入とさせて頂きます!!




ちなみにプライスは1枚100円




もう2度と同じデザインでリリースすることはありません!!







これが正真正銘最後のリリース!!






ぜひお急ぎください!!




























ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-15 14:36 | FASHION | Comments(0)

~素材感の再現度は匠の技~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓











昨日、今日と平日ながら沢山のご来店ありがとうございます!!


まぁ皆さんそれぞれおもろい話し持って来てくれるんで

腹よじれそうなぐらい笑わしてもらってます笑













連日マットの使用写真も沢山メールで送って頂き

本当に嬉しい限りです!!













遠慮なくどんどん送ってください!!



えー、俺一切謙遜することなく

100%素直に喜びます笑
























てことで今日はだいぶ寒くなって来たので

そろそろヘビーアウターをオンラインストアに

DROPかましたいと思います!!
















つーことで本日はこのボアアイテムに

突撃してもらいましょう!!




















どうぞ・・・・・



































a0141274_16493963.jpg
近年のオールセインツの十八番でもある

ミリタリーベースのボアジャケットが入荷です
























a0141274_16494686.jpg



軍モノフライトジャケットをベースとしたミリタリージャケット

をベースに現代的シルエットと程よいビンテージ加工が効いた一着。
























a0141274_16495035.jpg


洗い晒しのコットンに絶妙な加工を施し

アウトローな雰囲気を演出させたら向かうところ的なし。





























a0141274_16494249.jpg

ボアの素材感、さらには裏地と細部のディテールまで

オールドミリタリーモノの再現度の高さは抜群。





























a0141274_16493212.jpg


デニムやチノパン等の相性は抜群で

間違いなく冬の主役になる一着と言えるでしょう。


トレンドのボアジャケットを

ぜひお楽しみください!!


























ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-12 16:58 | FASHION | Comments(0)

~試行錯誤の日々~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓










連日10周年お祝いムードで

楽しい日々を過ごさせて頂いているPUBLICATIONです!!







マットも皆さん喜んでくれて

楽しんでくれて本当にやってよかったなぁと

連日喜びに浸らせて頂いております!!





























a0141274_17031797.jpg
事務所兼倉庫の入り口には

とりあえず今オレンジをチョイスしました!!


また気分でちょこちょこ変えて行くのが楽しみ♪


































だいぶ事務所兼倉庫の搬入片付けも終わって来て

整って来ましたが色々とやることあって

毎日店と事務所の往復を何度も何度もしている状態です笑


























事務所では今来たるコモンズの新作発表に向けて

全アイテムの検品作業






さらにはスタイルサンプルの確認、順番決めなど

ラックに新作全種類並べて

色々と試行錯誤しているところです!!













見せ方や伝え方など

どうすれば皆さんにより理解を深め

DOPEなところまでお伝え出来るか

全力で考えながら完璧な形を

毎回模索しながら

妥協なくやっているので

まだまだ時間もかかりますが


約1年かけてやって来た

制作ですので

最後の最後まで一切妥協することなく

やりたいです!!






























さらにスタジオでの物撮りも始まり

いよいよ僕がもっとも情熱を注ぐ

ILLCOMMONSのコレクションが

大詰めに入って来たなぁを毎分ごとに感じてます笑


本当に大忙しです!!
































皆さんからのまだ!?早よ出せと言った

プレッシャーと

楽しみにしてくれている期待を


背中でビシビシと感じながら

今全力で取り組んでいるので

もう少々お待ち頂ければと思います!!




































てことで予約入っている時間は店に戻って

空いたら事務所で作業してと

往復しまくっていると言う状態なのです笑


























実はまだ2アイテム最後の最後まで

仕上げのデザインを迷ったものがあって

それが到着遅れていて

全種類揃っておりません!!

























数日以内には届くと思うので

楽しみです!!

































まぁまだまだやることが沢山あるので

こっからさらにギア上げて

フルパワー全開で

皆さんに僕の脳みその中にある

世界観を完璧にお伝え出来るよう

最高の状態を作り上げたいと思います!!



















































度々事務所にいる時間が増えておりますが

全然遠慮なく店頭に遊びに来てくださいね!!













今日も元気にお待ちしてます!!





























ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-10 13:22 | FASHION | Comments(0)

~GOOD LOCAL CREWの皆さん最高の時間をありがとう~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓







昨日は宣言通り下関に遊びに行って来ました!!











沢山の方が暖かく迎えてくれて

アウェーに乗り込むつもりが

めっちゃホームの雰囲気全開で歓迎してくれて

非常に楽しい束の間の休日を

エンジョイさせてもらいました!!





























































a0141274_12021869.jpg
さらにはこんなサプライズまで用意してくれて!!








一瞬マジで感動して泣きそうになってやばかったです!!


グッーーーーとこらえました笑









































初めて会う方、2度目の方、数回合ってる方、

めっちゃ会ってる奴

いろんな方とお会いでき

楽しい時間を過ごさせて頂き

本当に感無量でした!!









































小さな町なんだろうけど

素晴らしい人達が作り出すグルーブ感に

とても刺激をうけ

また背筋がシャンッとなった感じで

気合い入りました!!






















































こう言う最高な人達に

ずっと GOOD LOCAL HEROと

言って頂けるよう

まだまだ、これからも

今以上にガッツリとエンターテイメントして

行きたいと思います!!

















































下関、BACKYARD CREWの皆さん

昨日は本当に楽しい時間をありがとうございました!!



























あまりゆっくりお話し出来なかった方々には

本当に申し訳ない気持ちで一杯ですが

また時間作って遊びに行くので

ぜひその際はお相手してください!!




























昨日皆さんが作り出していた一体感や空気感は

間違いなくGOOD LOCAL CREWでしたよ!!




























また20年目、皆さんのような素敵な人達に

お祝いして頂けるように

魂込めて頑張って行くのでぜひ俺がサボってないか

厳しい眼差しで見守ってください!!













































最後に昨日旅路を共にした相棒

昨夜は寝ずに最後まで

俺の運転しながらの熱弁に付き合ってくれてありがとう笑


よく頑張りました笑







































では今日は日記みたいなブログとなりましたが

今日もPUBLICATIONはいつもと変わらず

溢れ出るエナジーとほと走るバイブス満タンで

元気にお待ちしてまーす!!


















ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-08 12:28 | PUBLICATION について | Comments(0)

~GONZ GOES TO NYC~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓








倉庫へ搬入する量がえげつなくて

結局なかなか終わらず今日の朝まで

搬入することに・・・。











しかも今が在庫状態ピークって時期でもあるので

尚更ハードで・・・・・。













流石に二日間ほぼ寝らずで動くハメになり

だいぶヘロヘロ状態笑
















ただPUBLICATIONの店頭はOPEN当時を思い出すぐらい

さらにスッキリしたんで

ぜひ楽しみにご来店してください!!



























































ちなみに今夜は久々に下関に上陸です!!

久々の数時間の休日

束の間の数時間の息抜き

楽しんできたいと思います!!

























下関の皆さん、BACKYARD CREWの皆さんお手柔らかに!!





















バイブス持って乗り込みますけん!!

































































ではでは連日店頭で泣く子も黙る勢いで

大暴れしているMARK GONZALES × PUBLICATION コラボマット!!












連日皆さん自宅に配置した写真とか送ってくれて

本当に本当に嬉しい限りです!!


















そう言う写メめっちゃ喜ぶんで

どんどん送ってください笑




































































a0141274_14015421.jpg

そんなマークゴンザレスと言えば

やっぱりVISION















まさにマークとVISIONは

80年〜90年代のスケートシーンを語る上で

欠かせないゴールデンコンビ!!














































は?VISIONとマーク?

って思った方は

まだまだ PUBLICATIONでの勉強量が足りないですねー。


と言うか吸収力が弱いですねー!!










































僕は去年のILLCOMMONSのRADコレクションで

きっちりとその80年代スケートシーンのREALを

表現してますよ・・・・・





















































ね?サンプリングって形で皆さんの視覚にメッセージを

送り込んでいたでしょう?


再度このブログを読んで勉強しておいてください!!

























僕のカルチャーPUSHは今に始まったことではなく

PUBLICATIONの10年の歴史の至るところで


カッコイイカルチャーを皆さんに伝え続けてるんですよー!!




























































そんなGONZがVISIONとコンビを組んで

NYCにて撮影したビデオをUPしときます!!







僕が高校生の頃履いていたVISIONのスニーカーを履いて

スケボーしているマーク見てテンション上がったビデオです!!








全身VISIONのウェア、そして腰にはタオルを垂らしながら

89年のNYをライディングするマークゴンザレス!!












俺のいろんな”カッコいい”が詰まった映像です!!






























では今日もカッコつけて行こう!!


























ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-07 14:21 | FASHION | Comments(0)

~動き出した 11年目の新たなる挑戦~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓











a0141274_12452315.jpg

昨日遂にPUBLICATIONの事務所兼倉庫の引き渡し日でした!!








早速昨日の営業前朝からと営業後の夜に

搬入を開始したんですが

蓋を開ければ物凄い量で

気が付けば徹夜コースでした笑










正直ヘトヘトです笑

























PUBLICATIONに山積みだった在庫も

倉庫に移したので

久々に店内がスッキリしております!!


















まだ全て搬入終わってないので

もうちょいスッキリさせれるかなぁと。





































事務所兼倉庫と言ってもそこで何かを販売するわけではないので

家賃増えるだけなら一階の広い場所に移転すればいいじゃんって

めっちゃいろんな人に言われます。

















ごもっともですよね。

その方が間違いなく来る人も増え

売り上げも上がるでしょう。













子供でもわかる当たり前の事です。






































でも俺はその道を選ばず

この場所でPUBLICATIONを継続しながら

事務所兼倉庫を別で借りました。



























理由はシンプルです。





























今のこの場所で今のスタイルで

やる事が自分の使命のように感じているからです。





































狭くてわかりづらい場所です。










































でもだからこそ一人一人ときちんと向き合い

一人一人に親身に、

本気で一人一人の方の力になれるようにするには

この場所のこのスタイルこそが

ベストだと思っています!!
































普通の洋服屋とは考えてる事も

やっている事も真逆かもしれません。































でもそれこそが俺が目指すオンリーワンなスタイル。





























これからもこの場所で

皆さんに常に”本気”で挑んで行くので

今後共よろしくお願い致します。








































そして10年経って事務所兼倉庫を借りれるようになったのも

日々PUBLICATIONを愛してくださっている

皆様のおかげです!!























本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!































ただこれで在庫置くスペースが増えた!!では終わらせるはずはありません。


















これはあくまでスタートです。



















この事務所兼倉庫を皮切りに

皆さんがもっとPUBLICATIONを愛してくださるように

よりPUBLICATIONに通っている事を誇りと自信に思ってもらえるような

プランを今水面下で実行中です!!


















この倉庫を借りさせて頂いた

恩返しを俺なりの”カッコイイ形”でやります!!

























まぁ形になるのは来年かなぁー。


































俺は必ずやるぞー!!




















自分に化すミッションはデカイが

逃げず挑みそして乗り越えて行く!!





















楽しみにしていてください!!

























10年前はここに10年もいるとは思いませんでした。

2、3年したら移転してーなんて感じで考えてました。













でも今はこの場所が大好きになりました!!


















10年目最後のミッション、マークゴンザレスコラボも

皆さんにやっとお披露目出来たし















それに満足して止まる事なく

11年目PUBLICATIONまたギア上げて行くぞー!!


















































ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-06 12:45 | PUBLICATION について | Comments(0)

~コラボマット デザイン誕生のストーリー~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓








a0141274_14533246.jpg
連日大好評頂いているコラボマット

そして連日長いブログにお付き合い頂きありがとうございます!!









俺がこのコラボに向けて

どれだけの情熱を費やしてきたかが

ブログでも少しは感じて頂けているのではないでしょうか?























今日は発売開始からの数日間


店頭で多かった質問にお答えしようかと思います!!



































それはデザインの割合



いわゆるどこまで僕が依頼して

どこまでマーク側が考えたのかと言う事です。

















この質問すごく多かったです!!






















確かに気になりますよね!!































コラボなんで両者の意見や案

アイデアが組み合わさって出来てこそですもんね!!






































で答えから言うと

僕がお願いしたのは

イエロー、ブルー、オレンジ、グリーン、ピンクの5色展開と

PUBLICATIONの10周年なので

それがわかるデザイン。







としかオーダーしておりません!!
























その他のデザインや配置、カラーリングは

全てマーク側が提案してくれた物です!!





































ちゃんと理由もあって

僕があまりにも意見や案を出しすぎると

ILLCOMMONSに近くなるかなぁと思ったと言う理由と








マークへのリスペクトや信頼

そして何よりPUBLICATIONのために

どんなデザインが生まれるのか

僕自身も楽しみで見てみたかったからです!!


































他にも色々と細かい打ち合わせや

セッションを何度も繰り返しましたが

この部分に関しては

相手側の事もありますので

このブログでは書けません



















より詳しく聞きたい方は

店頭でこっそり聞いてください笑


店頭では全て丸裸ってぐらい100%細かく話します!!笑








































でそんな感じで

僕なりの要望を伝えオファーを出して

数ヶ月後最初のサンプルが上がって来ます










































そのサンプルを見た瞬間

速攻でOK出しました笑
































まさかの1発OK笑



























まさか全5色展開の全ての文字色やスケーターキャラの服や髪の色

まで全て変えてくれると思っていなくて

本当にサンプル見た瞬間に感動しました!!
























背景の色だけ変えて、他は同じ色がてっきり来ると思ってたら

やっぱりアーティストは細かい!!




























しかもその配色センス!!
























その色にその色使うのかよ〜みたいな

僕では到底思いつかないカラーリングセンスに

”本物”のアーティストを見せてもらい

感動した事をこのマットを見るたびに思い出します!!




















































a0141274_14532914.jpg
配色ヤバくないですか?

どの色も最高のカラーリングで

可愛くて、オシャレで!!


本当にマークにコラボを依頼して良かったと

心から思えた瞬間でした!!


















今回そんな本物のアーティストの力を借りて

老若男女問わず使用していただけ

長く皆さんの生活に触れ合える

そんなアイテムを生み出す事が出来ました!!











そして何よりPUBLICATIONを愛してくださる皆様に

僕が感じた”本物”のアーティスト

その本物のアーティストの作品に

触れて頂ける機会を作る事が出来ました


ぜひこの機会逃さず本物の感性に触れて頂ければ嬉しい限りです。



























ILLCOMMONSでは1人孤独な創作活動ですが

今回マークと言う本物と共に創作活動が出来た事

これはお金では買えない

貴重な経験となりました。




























この経験を必ずや皆さんに還元して

さらなる動きを11年目見せて行く!!!!




















と言うか既に次のプランは動き出している・・・・・。













































































ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-05 10:36 | FASHION | Comments(0)

~スケートボーダーに重ねる男の理想像~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓







アーティスト、ブランド、ミュージシャン

色々なジャンルの人や企業とのコラボレーションの案があった中で

スケートボーダーを今回選んだ理由









今日はそんな話しから色々と膨らませて行きましょう。














皆さんプロのスケートボーダーに会った事ありますか?

僕はアメリカに行き続けて17年

数人のトップスケーターに実際に会ったことがありますが

中でも印象的だったのがこの2人・・・・・




















・トミーゲレロ
・スティーブキャバレロ










2人とも伝説のスケートチーム”ボーンズブリゲード”のメンバーです。






























a0141274_16315494.jpg



まず俺がこの2人を知ったのは高校生の時






ある先輩の家に泊まりに行った際に

ボロボロにすり切れた

ボーンズブリゲードのビデオを見せられ

カッケェって!!って興奮し

アメリカのストリートカルチャーヤベェと

俺の少年心にイナズマ級の衝撃が走りました。



































それから数年後

そのビデオの中のHEROに

俺は実際に会う事になります。















































a0141274_17054322.jpg

まず最初に会ったのはスティーブキャバレロ



スケートボーダーとして以外にも

アーティストとしても活動しているキャバレロ







彼のアートを生で見れると聞いて

カリフォルニアで行われていたアートショーを

見に行きお目当てのキャバレロの作品がある

ブースに行くと本物のスティーブキャバレロがそこに!!









あのビデオで見た人だぁ!!








さらに当時VANSから発売されていた

キャバレロのシグネチャーモデル”ハーフキャブ”の茶色を

物凄く愛用していた俺は

今目の前に自分のHEROがいる事に

興奮しながら写真をお願いすると

気さくに了承してくれ

2.3言、言葉をかけてくれました。









その後も彼は普通に友達と話したり

お客さんとアートの話しをしてたり











俺はてっきりスターは

沢山のSPに囲まれ

金髪ねぇちゃん連れて

デカイ葉巻持って

偉そうにしてるもんだと

思っていたので








あぁこれがLOCAL HEROかぁ








普通に地元にいて

みんなとおんなじ空気吸って

同じ場所にいて

おんなじ飯食って

おんなじ服着て









気取らず、短にいて

短に周りの人々や子供達の憧れや目標になる人

これがLOCAL HEROなんやぁって

心臓ブチ抜かれたのを今でも忘れません。






































その数年後、ボーンズブリゲードのメンバーで

僕が一番好きだったトミーゲレロに会います。

































a0141274_16424748.jpg

彼はサンフランシスコ出身で

ボーンズブリゲード唯一の黒人系スケーターで

正直顔面偏差値圧倒的No.1のスケーター笑






とにかくカッコイイのよ!!







当時古着屋でバイヤーをしていて

サンフランシスコのフリーマーケットに仕事で行っていた俺












ただっぴろいフリマ会場を歩いてると

そこには普通に歩いている

トミーゲレロが!!











思わず声かけ、握手してもらい、写真とってもらい。

感動したのを覚えています。








































a0141274_16424665.jpg
彼の代名詞はこの70年代のシングルライダースで





マークゴンザレス共々本当固定概念を破壊する

ファッションでスケートをする姿は

俺の目には革命家のように写ります。






そのフリマで初めてあった時も

トミーは革ジャン着ていて嬉しかったなぁ!!



俺が知ってるトミーやーって感じで興奮した笑






























そんな彼とは数奇な運命なのか

数年後、LIVEで福岡に来ていて

普通に大名の街中で















そしてさらに数年後・・・・・





































またLIVEで福岡に来た際に

PUBLICATIONに来てくれました!!


















やっぱりゲレロもキャバレロと共通していて

普通に地元にいて

みんなとおんなじ空気吸って

同じ場所にいて

おんなじ飯食って

おんなじ服着て






気取らず、短にいて

短にいる周りの人々や子供達の憧れ、目標になる人























2人共レジェンドと言われるスターなのに

普通にその辺を歩いているし

話しかけても普通に写真とってくれたり

とても気さくでカッコよくて

あーこれが”LOCAL HERO”かぁって

本物のローカルヒーローってものを教えてくれました。

























スケートボーダーを職業にするって

究極じゃないか?



だって遊びだぜ

遊びを仕事にして

飯食ってるって男の理想じゃないか









しかも2人とも他に好きな絵描きやったり

音楽やったり

ただ好きな事を誰よりも本気でやって極めて

大人になってきた人達









スケートボーダーにはそんな男の究極の理想像を

いつも感じます。




本当に生き方に憧れる。




全員とは言わないよ!!





でもやっぱ俺にとってスケートボーダーは

やっぱカッコイイ生き方を最も体現している

人達なんだと思う!!













それを教えてくれたのは

この2人でした!!
















その後の僕の生き方にも凄く影響を与えたのは

言うまでもありません。



























その数奇な運命で繋がっているトミーゲレロと大親友なのが

今回コラボしたもう1人のレジェンドで

究極の男の理想像”マークゴンザレス”



































あぁ全てがここで繋がったね





























ボーンズブリゲードのビデオで喰らった

アメリカンカルチャーの衝撃→






スティーブキャバレロが教えてくれた

LOCAL HEROとは何か→






トミーゲレロが教えてくれた

好きな事を誰よりも夢中にやって

夢を叶えるってことのカッコ良さ→







そのトミーゲレロの親友で

男の究極の理想を生きる職業”スケートボーダー”の

トップに君臨すると言われているレジェンド

マークゴンザレスと今コラボしている



































PUBLICATIONが歩んで来た10年だけでなく

俺が歩んで来た青春の日々








そしてその日々でくらってきた衝動を

今回形に出来、作品として残せる事を

奇跡のように思う















でも偶然じゃない














やっぱり全ては繋がっている

偶然はなく全てが必然





















今回マークゴンザレスまで繋がったのは

決して偶然じゃない






























約20年前の俺に言ってやりたいよ!!

20年後お前が心臓撃ち抜かれるぐらいくらった奴らと

一緒に仕事してっぞ!!

コラボしてっぞって!!


お前にアメリカンカルチャーを

教えてくれた奴らと

お前にカッコイイ男の生き方を教えてくれた奴らと

コラボしてっぞって!!























一生懸命頑張れば

こんな夢見たいな事が起こる





















それを周りの人に証明出来た



















俺も少しはみんなのLOCAL HEROになれたかなぁ?





















ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-04 12:01 | FASHION | Comments(0)

~固定概念に囚われない自由な発想を持つ理想の男~

PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓










a0141274_14525833.jpg

意外にもマークゴンザレスを知らない人も

多少いたので

今日はマークゴンザレスについてより詳しく


そして僕がどんな点で彼に影響を受けたか

どんなところをリスペクトしているか

と言うお話しをしたいと思います。







































a0141274_17392097.jpg
まずマークゴンザレスはスケーター界で別格だと言う事。










世界で最も有名なスケートボーダーと呼ばれており


音楽界で言うとビートルズ、ローリングストーンズ

NBAで言うとマイケルジョーダン

そのレベルの人です。




























何故そこまで有名なのか?

































それは彼がパイオニアだからです。



































まずスケボーの発祥当時

スケボーは板に乗りくるくる回ったりする

言えばフィギュアスケートのような競技でした





































その後ご存知のZ-BOYSの登場により

彼らは板にまたがり飛んだり

様々な技を繰り出す

よりトリック溢れたカッコイイ競技へと

スケートを変えました。
































しかし、そのZ-BOYSのメンバーもバラバラになり

スケート人気に陰りが出た頃




























この男”マークゴンザレス ”がシーンに登場します。






































マークはスケートボードは街中で乗る物だと言わんばかりに

街中のアスファルト、道路や壁、公園の手すりなど

全ての場所で自由に乗ると言う

いわゆる現代まで続くストリートスタイルの街乗りスタイルを確率させて行きます。
































そう、まさに今当たり前に街中で見るスケートライディングを

世に広めたパイオニアこそが”マークゴンザレス”なのです!!











































故にその後誕生した多くのスケーター達は

マークを愛し、多くのスケートキッズ達の

永遠の憧れでありスケート界の象徴と言われているのです。



























ちなみに東京オリンピックで正式種目となる

スケボー には2種類の競技があるのはご存知ですか?
























まず一つは・・・・・


















この”パーク”と呼ばれる競技

Z-BOYSが生み出したドッグプールと呼ばれるランプで

技を競い合う種目





まさにこの競技のパイオニアがZ-BOYS
























もう一つ・・・・・
















街の中を滑るようなコースで技を競う「ストリート」と呼ばれる種目



まさにこのストリートのパイオニアこそがマークゴンザレス。



冷静に凄いですよね?

来年東京で自分がオリンピック種目の産みの親に

マークはなるんですよ!!



ちなみに僕は東京オリンピックで一番楽しみな競技がこのストリート!!

我らがJAPANのエース堀米君


そしてアメリカの圧倒的カリスマでスター”ナイジャヒューストン”

この対決は超楽しみです!!
























































ちょっと話しを戻しましょう!!


















そしてマークがスケート界のトップに君臨するもう一つの理由。

























その理由こそが僕がマークを愛する理由であり

マークに影響を受けた部分であり

尊敬する部分です。






























その理由とは































”固定概念に囚われない自由な発想を持つ男”だと言う事です。










































当時スケート界に当たり前のように思われていた

スケートの概念をマークは打ち壊して行きます!!







































その象徴とも言われている写真がこちら・・・・・



























































a0141274_17394352.jpg

スーツを着てスケボー!!


スケボーはコケるからジーンズやチノパンなどのラフな格好

Z-BOYS時代にはチームのユニフォームを着て大会に出場が

当たり前な固定概念となっていました。








































しかしマークはその固定概念に囚われないスタイルで

自分の着たい物を着て

自分の好きなファッションでスケボーして何が悪い?

と言わんばかりに今までスケート界に蔓延っていた

常識を打ち破って行きます!!







































そのマークのスタンスが僕も大好きで

僕も常にそのスタンスで

常識に囚われず自分で考え

正しい道を、そしてカッコイイ道を

選択して行きたいと思っています!!













































そのマークへのリスペクトは

ILLCOMMONSのRADコレクションでも

形にして表現しています!!




































その映像がこちら・・・・・
























































この映像の最初のマークの登場部分のスタイルを見てください!!

チェックパンツにハットを被って登場しています。





















a0141274_18584926.jpg
a0141274_19015788.jpg
彷彿とさせませんか?



































あのRADコレクションを発表した時

チェックパンツでスケートスタイル?

誰もが驚愕したと思います。































その常識外れの発想を僕よりも先に持っていたのはマークで

その常識外れの発想に導いてくれたのもマークです。









































僕のマークへのリスペクトが伝わりましたか?















































そんな尊敬するレジェンドと

今回PUBLICATIONの10周年で交われた事を

僕は本当に嬉しく

そして誇りに思っています。





































マークの全盛期は90年代

今ではもういい歳です














PUBLICATIONがここからの10年

次に向かう先も

まさにこんな自由な発想を忘れない

若い頃から変わらず子供の気持ちを忘れない

マークのような大人であり

マークのように歳を重ねて行きたいと思っています。









































まさに今まで僕に、そしてPUBLICATIONに、そしてILLCOMMONSに

影響を与えてくれたマーク




そして何より次の10年理想とする歳の重ね方こそマーク







































11年目、PUBLICATIONはより自由な発想で

そこに”カッコイイ”と言う信念を持って

固定概念をブチ破って行く事を

ここに強く宣言します!!













































a0141274_14533246.jpg
このアイテムはただのコラボじゃない

ただのインテリアグッズじゃない








人に対するリスペクト

信念、情熱、パッション

様々な強い思いが生んだ


そしてその想いが詰まりに詰まったアイテムです。




本当に思いの籠もったアイテムには”魂”が宿る
















レジェンドと強いリスペクトが生んだ

歴史的産物














この想いを自分のLIFEに

皆さんが生活する空間に



自分の側にずっと永遠に



忘れないように

置いていて欲しいなぁ
































ONLINE SHOPに掲載されていない商品はお電話にて承っております→ 

TEL: 092-7919199











PUBLICATIONオンラインショップ・・・・





PUBLICATIONの公式インスタグラムはこちらから↓




ILLCOMMONS LINEスタンプはこちらから↓






パブリケーションのツイッターはこちらから↓
















『PUBLICATION』


TEL:092-791-9199

e-mail address: publication.fuk@space.ocn.ne.jp

OPEN:12:00~20:00






地図はこちら↓




by publication | 2019-11-03 12:29 | FASHION | Comments(0)